色打掛

空色 秀麗華扇

【そらいろ しゅうれいはなおうぎ】

大正時代に着用されていた三枚襲(かさね)をアレンジした新しいスタイルの花嫁衣裳。
日本古来の藍色(Japan Blue)をテーマに、菊花を中心とした四季の花々を吉祥文様である扇とともに描きました。京都の熟練の職人が、重なる色やぼかしの技法で色の深さや柄の奥行きを表現しています。
内側に着た本振袖は、色打掛と同じく扇と紐をデザインし、空色と相性の良いクリーム地を用いた優しく品格のある本振袖です。

※掲載写真のコーディネートは料金に含まれない場合がございます。
詳細はご試着の際にお取扱い衣裳店までお問い合わせください。
※ご覧になっているモニター・環境によっては実際の色味・質感と異なる場合がございますのでご了承ください。