白無垢

祝賀松竹梅

【しゅくがしょうちくばい】

古来日本では絹は神様からいただいた布とされ、儀式の衣にふさわしいものです。なかでも秋山章が創る打掛には、駒塩瀬羽二重という最高級の白生地が用いられています。柔らかい生地の上に墨絵で松竹梅が描かれた、本手描友禅の美が息づく逸品。

※掲載写真のコーディネートは料金に含まれない場合がございます。
詳細はご試着の際にお取扱い衣裳店までお問い合わせください。
※ご覧になっているモニター・環境によっては実際の色味・質感と異なる場合がございますのでご了承ください。