色打掛

濃茜 吉祥熨斗文

【こきあかね きっしょうのしもん】

箔を織り込んだ錦織地に、古典柄の熨斗(のし)文様と躍動感溢れる四季の花々を生け込んだ花籠を配した、大胆な構図の豪華な色打掛です。
熨斗は金襴(きんらん)の代表的な意匠を、鮮やかな色糸と金糸を使用して日本の伝統色である五彩を表現。また、花籠は、四季の花々を唐織模様として織り上げました。桜や牡丹には、より立体感を出しています。
花嫁らしい濃茜の打掛(同柄で色違いの衣裳もあります)。

※掲載写真のコーディネートは料金に含まれない場合がございます。
詳細はご試着の際にお取扱い衣裳店までお問い合わせください。
※ご覧になっているモニター・環境によっては実際の色味・質感と異なる場合がございますのでご了承ください。