色打掛

本唐織 葛家草花文

【ほんからおり くずがやそうかもん】

萩、菊、竜担(りんどう)など秋の草花の色合いを彩り豊かに、匠の心を織り込んだ逸品です。
あたかも刺繍のように自在に糸色を取り替えて文様を織り現す唐織の技法を用い、しばらく目を凝らさなければ確かに見えて来ないほど細やかに詰まった文様を、丁寧に織り上げました。織地は段変わりに草木の色で染め分け、はんなりとした優しさやぬくもりを感じさせてくれます。

※掲載写真のコーディネートは料金に含まれない場合がございます。
詳細はご試着の際にお取扱い衣裳店までお問い合わせください。
※ご覧になっているモニター・環境によっては実際の色味・質感と異なる場合がございますのでご了承ください。