色打掛

天慶奉寿菊

【てんけいほうじゅきく】

日本の象徴でもある九弁の菊の花。皇室の御紋として日本人の憧れを集めてきた格式高い花文様です。
天に向かい舞う鶴は、めでたさの象徴。
銘「天慶奉寿菊」は金彩工芸、貝螺鈿の贅を尽くした儀式の衣です。
本手描友禅の一筆一筆の妙技を尽くした紅の打掛は、華やかな中にも格式を尊ばれる花嫁様にお召し頂きたい秋山章の逸品です。

※掲載写真のコーディネートは料金に含まれない場合がございます。
詳細はご試着の際にお取扱い衣裳店までお問い合わせください。
※ご覧になっているモニター・環境によっては実際の色味・質感と異なる場合がございますのでご了承ください。