色打掛

大慶寿冠

【たいけいじゅかん】

神社仏閣を鮮やかに彩る丹朱(たんしゅ)、それは日の出の太陽の色でもあります。
鶴は瑞鳥、めでたさの象徴。
末広がりの祝いの花扇を添え、さらにまろやかな露草文様で円満を祈りました。
本手描友禅、金彩工芸、貝螺鈿工芸の総てを尽くし、作者・秋山章の持つ技と芸と贅の極みにまで創り込んだ最高傑作。
明るく朗らかに、そして優しく逞しく。一枚の色打掛がもつ様々な表情に魅せられる、秋山章のロイヤルコレクションです。

※掲載写真のコーディネートは料金に含まれない場合がございます。
詳細はご試着の際にお取扱い衣裳店までお問い合わせください。
※ご覧になっているモニター・環境によっては実際の色味・質感と異なる場合がございますのでご了承ください。