唐織

【からおり】

絢爛豪華な「織り」の最高峰
多彩な色数と立体感で圧倒

唐織とは、もともとは中国(唐)から渡来した装飾性の高い美術織物の総称。現在は、ベースとなる綾織地の上に金糸・銀糸や多彩な色糸で紋や絵柄を織り出していく技法のことで、独特の立体的表現と重厚感は豪華さを求められる花嫁衣裳にふさわしい。草花や鶴、鳳凰など古来縁起の良いとされる「吉祥柄」が華麗に描き出される。

織りと婚礼衣裳の歴史
唐織の価値について

日本の織物の歴史は、平安朝以前にさかのぼる。宮中の装束をつくることから始まり、室町時代には将軍や武家が所有した豪華絢爛な衣裳が能装束として使用されることで、後世に受け継がれた。武家社会から裕福な町民へ、日本の婚礼文化とともに受け継がれた祝いの色と柄。それを表現する匠の技は昔も今も精緻で驚きに満ちている。

唐織の衣裳の特徴と
婚礼シーンでの効果

唐織の最大の特徴は、刺繍のようにも見える立体感。縦糸と横糸を交差させて生まれる織物で細かい模様を表現するためには「紋紙」に基づく緻密な作業が必要で、膨大な手間がかかる。豊かな色彩と豪華な仕上がりは、フォーマルな雰囲気のホテルや由緒正しい式場での結婚式にぴったりだ。